医療法人 熊谷総合病院

048-521-0065

医療法人 熊谷総合病院 病院指標

平成29年度 熊谷総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 207 97 133 176 304 409 977 1378 1114 297
当院の一般病棟を退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が全体の74.0%、80歳以上が27.7%と比較的ご高齢の患者さんが多くを占めています。 比較的若い世代である40歳以下は18.0%です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 85 23.92 20.83 8.24 84.79
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 49 14.39 12.34 0 75.73
030400xx99xxxx 前庭機能障害 29 7.14 5.15 0 71.03
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 21 13.9 10.61 0 78.81
050130xx99000x 心不全 20 24.05 17.71 0 86.9
どの症例も平均年齢が80歳前後となっており、高齢化社会を反映しています。
誤嚥性肺炎の入院では、自宅療養が難しいため施設入所を希望される患者さんが多く、その調整に期間を要することから在院日数が長くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 42 4.9 5.94 0 1.1
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 18 4.39 6.03 0 1.83
040100xxxxx00x 喘息 16 4.88 6,32 0 2.38
100380xxxxxxxx 体液量減少症 15 4.13 9.16 0 4.27
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 14 4.93 5.70 0 3.29
小児科で多い疾患は、呼吸器系疾患で年齢的に、平均年齢で6歳未満の患者さんが多くみられます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 26 5.12 7.40 0 58.58
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 22 5.95 8.98 4.55 66.77
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 21 4.19 6.64 0 61.9
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 18 13.11 15.61 0 73.61
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 16 8.19 13.52 0 68.94
外科で多い症例は、胆嚢炎、胆嚢結石です。当院においては、腹腔鏡下での手術を積極的に取り入れ、できるだけ手術による負担を軽減するよう努めています。
次に多い症例はヘルニアの手術です。予定手術が多く、全国平均に比べ、少し短い在院日数になっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 62 52.65 27.09 8.06 82.48
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 38 38.55 33.64 2.63 79.76
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 37 21.03 17.28 0 70.32
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 33 10.73 11.41 0 47.61
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 31 27.84 22.08 0 71.48
高齢化社会に伴い整形外科では、転倒による股関節大腿近位骨折疾患が多くなっています。大腿骨頸部骨折は術後のリハビリテーションが重要であり、
当院では、回復期リハビリテーション病棟にて在宅復帰への支援を重点的に実施する体制を整えています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 80 6.49 6.32 0 37.03
030400xx99xxxx 前庭機能障害 38 4.58 5.15 0 65.24
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 34 28.03 20.20 0 66.41
010230xx99x20x てんかん 30 8.17 14.54 0 35.13
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 26 8.35 7.34 3.85 57.46
脳神経外科で多い症例はてんかんで、当院においては外科治療を中心におこなっており、全国各地から患者さんが多くみられます。                  その他に急性期の脳梗塞を多く受け入れており、発症日から3日以内の急性期脳梗塞がほとんどで、平均年齢も60歳以上となっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 73 11.4 9.27 0 71.89
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 60 6.07 6.37 0 42.37
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 34 6.12 6.28 0 43.85
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 20 9.7 9.91 0 44.25
110320xx97xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他) 12 11.5 12.69 0 73.75
婦人科領域については生殖器脱出症、子宮筋腫、卵巣腫瘍、膀胱瘤などの疾患に対応しています。
子宮の良性腫瘍の症例で平均在院日数が短いほうが腹腔鏡手術、長いほうが開腹手術です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 11 4.64 7.31 0 70.55
020240xx97xxx0 硝子体疾患 6.63 0 59.8
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 2.85 0 78.25
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 7.96 0 52.5
020220xx97xxx0 緑内障 8.51 0 71
眼科は、加齢黄斑変性、糖尿病性網膜症などの網膜硝子体疾患、緑内障などの診療を行っています。上表はDPC請求となったものを対象としていますので白内障は、短期滞在手術基本料に該当するため含まれていません。尚、当院における平成29年度の白内障手術件数は342件になります。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 8.95 64.14
080011xx99xxxx 急性膿皮症 11.73 51.75
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 4.86 43
070090xx99xxxx 筋炎(感染性を含む。) 11.73 73
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 4.14 61
帯状疱疹が最も多く、次に急性膿皮症などの入院が中心となっています。当院の急性膿皮症の症例は、ほとんどが蜂窩織炎です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 37 2.22 2.73 0 61.16
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 11.31 77.38
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 5.39 59.4
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 12.34 60
110070xx02020x 膀胱腫瘍 7.64 59.67
泌尿器科では、上部尿路疾患が多くみられます。尿路結石症に対しては、患者さんに負担が少ない体外衝撃波腎・尿管結石破砕術の治療を行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 16.97 88.33
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 13.83 71
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 8.67 48.5
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 19.65 78.5
040190xx99xxxx 胸水、胸膜の疾患(その他) 16.46 83.5
呼吸器内科で多い症例は、食べ物や唾液に含まれた細菌が気管から肺に入り込むことで起こる肺炎です。
次に多いのが、全国的にも増加傾向にある慢性閉塞性肺疾患になっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 135 4.06 4.62 0 71.07
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 58 3.09 3.03 0 69.93
050130xx99000x 心不全 58 15.86 17.71 0 78
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 58 11.07 12.72 0 68.13
050130xx9910xx 心不全 10 11.2 15.87 0 69
循環器内科で多い症例は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)という心臓を取り巻く血管が狭窄し、心筋に十分な血液が送れなくなる疾患です。進行することで心臓の働きが弱ることや、血管が完全に閉塞することで心筋が壊死し、突然死に至ることがあります。当科では、虚血性心疾患に対して血管内にカテーテルを挿入し、狭窄の程度を検査したり、血管の内側から治療をする手術を行っています。狭心症の症例は、平均在院日数の長い場合は手術入院、短い場合が検査入院。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 35 5.23 7.39 0 66.2
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 32 5.81 7.27 0 57.41
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 27 8.96 13.04 0 69.85
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 27 15.22 10.61 0 78.74
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 18 8.22 8.73 0 74.06
消化器内科では、消化器系の良性疾患が多くみられます。内視鏡的治療としては、早期癌に対し、内視鏡的粘膜下下層剥離術(ESD)という一括切除を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 39 23 20 1 7
大腸癌 38 57 10 13 2 7
乳癌 13 1 7
肺癌 1 7
肝癌 13 11 20 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肝がんの患者さんの数を、初発のUICC病期分類別、及び再発に分けて集計しています。UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)のⅣ病期(ステージ)に分類するものです。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完成した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 9.25 51.5
中等症 67 12.54 79.49
重症 22 22.86 83.64
超重症 25 15 84.8
不明
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)の肺炎重症度分類に基づき、入院時の状態から重症度を決定し重症度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウィルスなどのウィルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 135 39.86 72.99 7.04
その他 50.71 68.43 0
発症3日以内の急性期脳梗塞が全体の9割を占めています。脳梗塞治療では、迅速に治療を行うことがその後の患者のADL(日常生活動作)に大きな影響を与えます。当院では緊急に治療が必要な患者さんを常に受け入れができるように診療体制の充実に努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 22 0.09 1.18 0 69.73
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 2.31 10.08 0 82.08
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 1.33 10.17 0 73
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 14.5 18.17 0 80.17
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他) 6.8 9 0 79.6
大腸ポリープなどに対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満)が最も多くなっています。
胆管結石性胆のう炎などに対して内視鏡下の胆道ステント留置等の低侵襲治療を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 91 0.35 2.13 0 69.58
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 52 1.1 3.1 0 60.35
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 45 0.73 1.53 0 69.2
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 30 1.03 6 0 69.57
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 19 1.42 11.05 0 70.84
ヘルニア手術や、胆のう結石などに対して腹腔鏡下による胆嚢摘出術を多く行っています。
腹腔鏡下手術は、大きな傷をつくらなくてすむため、手術後の回復が早いというメリットがあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 69 5.28 45.9 7.25 79.07
K0821 人工関節置換術(股) 49 1.29 40.08 0 71.27
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 47 2.13 22.06 2.13 69.83
K0462 骨折観血的手術(下腿) 37 2.35 13.3 2.7 65.3
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 27 1.07 8.81 0 40.44
高齢化社会を反映して高齢者の骨折が多いことが分かります。加齢に伴って起こる関節の変形が原因の変形性股関節症に対して人工関節置換術を多く行っています。椎弓切手術は不安定性、変性、痛み、麻痺による脊柱の機能を本来の働きにするため、椎弓を固定・切除する術式となります。また、椎間板ヘルニアに対して内視鏡下による椎間板摘出術も実施し、身体にかかる負担が少ない低侵襲手術となっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K154-2 顕微鏡使用によるてんかん手術(焦点切除術) 21 10.14 31.9 0 35.67
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 11 2.64 58.91 9.09 65
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 2.14 73.57 14.29 64.86
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 6.57 18.14 14.29 59.71
K1812 脳刺激装置植込術(両側) 3.57 27.71 0 31.86
脳神経外科では、てんかんの症例が多く、専門医による外科的治療をおこなっており全国各地から広範囲に患者さんが来院します。次に多いのは、未破裂脳動脈瘤に対する脳動脈瘤頸部クリッピングで動脈瘤を直接クリップで挟んで止血を行う手術です。また、急性硬膜下血腫等の頭蓋内血腫に対する頭蓋内血腫除去術を行っております。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 72 0.94 4.53 0 42.22
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 48 1.48 9.42 0 72.02
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 25 1 4.32 0 44.96
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 19 1.21 9.89 0 71.68
K877 子宮全摘術 18 1.11 8.06 0 49.89
産婦人科では、子宮附属器腫瘍摘出術を腹腔鏡下で行っており、患者さんの術後の疼痛などの負担が開腹手術に比べ軽度です。
また、生殖器脱出症による膀胱脱手術、子宮脱手術を多く行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 342 0 0.96 0 74.7
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 0 3.71 0 67.57
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) 0 1 0 79.67
K281 増殖性硝子体網膜症手術 0 4 0 51
K2231 結膜嚢形成手術(部分形成) 0 1 0 70
眼科では、一番多い手術は白内障に対する水晶体再建術です。また、網膜剥離や硝子体出血、黄斑部に対する硝子体茎顕微鏡下離断術も実施しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 0 1 0 52
皮膚科では、皮膚の良性、悪性腫瘍の手術を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 37 0.38 1.16 0 61.11
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 1 5.5 0 69.67
K816 外尿道腫瘍切除術 0.33 2 0 74.33
K832 精巣上体摘出術 1 6 0 52
K8351 陰嚢水腫手術(交通性陰嚢水腫手術) 1 4 0 62
泌尿器科で最も多い手術は体外衝撃波腎・尿管結石破砕術となり、麻酔が不要で入院期間も短くて済みます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 135 1.48 2.65 0 73.11
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 19 0.05 13.26 0 72.11
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 1 1.2 0 71.2
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 1 7.5 0 73.25
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 0 7.33 0 67
循環器内科で多い手術は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント留置術を含む、PCIです。虚血性心疾患に対する血管内治療とは、血管内にカテーテルという細い管を挿入し、血管の内側から狭窄部位を拡張する手術を指します。予定入院であれば、2泊3日で退院することが可能です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 176 0.09 1.02 0 64.5
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 34 5.44 14.29 0 78.53
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 18 0 1 0 64.78
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 17 0.88 8.65 0 71.53
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 15 4.53 3.67 0 73.6
消化器内科の手術としては、良性腫瘍や早期癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を主に実施しています。患者さんの病態・状況等によって、外科との連携のうえ、内視鏡的治療、外科的治療を選択し実施しています。期悪性腫瘍)大腸ポリープなどに対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術が最も多くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0.08
異なる 21 0.42
180010 敗血症 同一 0.06
異なる 22 0.43
180035 その他の真菌感染症 同一 0
異なる 0.06
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.34
異なる 0.1
当院は、手術や処置などを行う際には合併症をおこさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置に同意いただくように努めています。
更新履歴
2018/10/1
平成29年度データ更新

このページの先頭へ戻る