医療法人 熊谷総合病院

048-521-0065

産婦人科

当院産婦人科の特色

当科は、平成25年度より周産期医療を休止しています。残念ながら妊婦健診・分娩はできませんが、婦人科疾患の検査と手術については全般を網羅し対応しています。
不妊治療は、子宮卵管造影・ホルモン検査・腹腔鏡・人工授精・体外受精・受精卵凍結胚移植も行っています。手術は、術後の生活の質を維持するため低侵襲手術を取り入れており、腹腔鏡下手術・子宮鏡下手術や女性骨盤臓器脱に対する手術の占める割合が年々増えてきています。
平成28年の手術250例のうち、卵巣腫瘍・子宮筋腫などに対する内視鏡手術(腹腔鏡・子宮鏡)が106例、膣式・腹式・腹腔鏡による女性骨盤臓器脱手術が85例です。
こうした手術症例の大部分の患者様は他医療機関からのご紹介です。かかりつけの先生から紹介状をいただいた場合は、受付にお持ちください。
診療にあたっては、患者様一人ひとりに納得のいく医療を受けていただくため、待ち時間が長くなることがあります。ご理解ご協力をお願いいたします。

常勤医師

佐久間 洋 診療部長
専門 不妊症・体外受精・周産期・腹腔鏡
  昭和58年獨協医科大学卒業
母体保護法指定医
日本産科婦人科学会専門医
志村 隆行 医長
  平成22年藤田保健衛生大学卒業
日本産科婦人科学会専門医
羽生 真由子 医長
  平成12年埼玉医科大学卒業
日本産科婦人科学会専門医

非常勤医師

高橋 通 医師(非常勤)
専門 周産期・更年期
  日本産科婦人科学会専門医
永田 一郎 医師(非常勤:防衛医大名誉教授・埼玉医大客員教授)
専門 手術・性器脱の治療
  日本産科婦人科学会専門医
梶原 健 医師(非常勤:埼玉医大教授)
専門 内分泌・不妊症・体外受精・周産期
  日本産科婦人科学会専門医
日本生殖医学会生殖医療専門医

腫瘍外来(週変わり) 埼玉医科大学国際医療センター 婦人科腫瘍科医師

このページの先頭へ戻る