医療法人 熊谷総合病院

048-521-0065

泌尿器科

当院泌尿器科の特色

当科のこれまでの現状は都内の大学病院からの派遣による非常勤医師によって外来診療に限定されていましたが、本年2月より常勤医が加わり、年度内には複数名の常勤医師を確保し、泌尿器科診療の充実を図る予定です。また、今後、高度先進医療への取り組みも行います。
我が国は高齢化が急速に進んでおり、その影響で泌尿器科疾患が急増しています。男性においては、前立腺肥大症、女性においては過活動膀胱、腹圧性尿失禁などに代表される排尿障害が認められ、いずれも加齢に伴う疾患です。そのため、「歳のせい」と考え、治療を断念している方々がいますが、今日では治療効果が期待できる薬剤や低侵襲性の手術が広く普及していますので、症状が悪化する前に受診して下さい。夜間頻尿や排尿困難は生活の質(QOL)を著しく損ないます。その他に、膀胱炎や尿道炎などの尿路感染症と性感染症、腎結石や尿管結石などの尿路結石症、膀胱機能が障害される神経因性膀胱、男性側の原因による不妊症、性機能障害と男性更年期障害(LOH症候群)、尿路閉塞が原因の腎機能障害など良性疾患の診断と治療、さらには、前立腺がん、膀胱がん、腎臓がん、腎盂・尿管がんなど泌尿器悪性腫瘍の診断と治療を行います。特に、高齢者に急増している前立腺がんについては公的補助のある前立腺がん(PSA)検診の推進に協力してまいります。そして、前立腺がんの確定診断のための前立腺生検を当院で実施します。
当院で実施できない特殊な検査や治療については近隣の超急性期医療機関と連携し対応します。

※診察受付時間

月曜日 午前8時30分~午前11時30分まで
水曜日 午前8時30分~午前11時30分まで
木曜日 午前8時30分~午前11時30分まで
金曜日 午前8時30分~午前11時30分まで


常勤医師

勝岡 洋治 名誉院長
  昭和45年慶應義塾大学卒業
日本泌尿器科学会 専門医
臨床修練指導医
日本腎臓学会 専門医・指導医
日本性機能学会 専門医
日本がん治療認定機構暫定教育医

非常勤医師 3名

交代制

このページの先頭へ戻る