医療法人 熊谷総合病院

048-521-0065

PET-CT検査について

PET-CTとは

PET/CTとは、PETとCTの画像を同時に撮影することができる装置です。

生体内の生理学的・生化学的な「機能」をとらえるPET画像(Positron Emission Tomography:陽電子放出断層撮影)と、組織や病変の位置など「形態」をとらえるCT画像(Computed Tomography:コンピューター断層撮影)を組み合わせることにより、小さな病巣部を正確に画像化できます。

PETやCTによる単独の検査に比べ、より正確な病変部位の評価が可能となり診断の精度が大幅に向上します。細胞の代謝活動や機能を画像化できるPET‐CTは、従来の早期診断、病期診断だけでなく、治療過程における効果をより適切に判定できるシステムとしてその能力に大きな期待が寄せられており、治療方針の選択に有効な手段として活用されています。

PET-CTのメリット

  • 1回の検査でがんの全身チェックが可能です。
  • 小さながんの発見に有効です。
  • 予想外な部位への転移や再発の確認に最適です。
  • 良性か、悪性かの推定が可能です。

GE Healthcare社製【Discovery MI】


PET-CT検査のしくみ

PET-CT検査は、ブドウ糖の代謝機能から異常をみつけます

がん細胞は正常細胞に比べ、約3~8倍のブドウ糖を取り込む性質があります。この性質を利用しているのがFDG-PET-CT検査です。ブドウ糖にフッ素18Fというごく微量の放射性物質をつけた薬剤(FDG)を注射で投与します。

およそ1時間後に、代謝機能の状態をPETカメラで撮影し、がん細胞の位置、大きさ、進行の度合いを画像化させることにより、体の深部の比較的小さいがんを検出することができます。


健康保険の適用要件について

18FDGを用いたポジトロン断層撮影については、次の表に定める要件を満たす場合に限ります。「-疑い」では保険適用となりませんのでご注意ください。
※平成30年度の診療報酬改定により新たに血管炎が保険適用となりました。

  保険適用要件
1. 悪性腫瘍
(早期胃癌を除く)
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者
2. てんかん 難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる患者
3. 虚血性心疾患 虚血性心疾患による心不全患者における心筋組織のバイアビリティ診断(他の検査で判断のつかない場合に限る)又は心サルコイドーシスにおける炎症部位の診断が必要とされる患者
4. 血管炎 高安動脈炎等の大型血管炎において、他の検査で病変の局在又は活動性の判断のつかない患者

■ 保険適用とならない場合
・悪性腫瘍か良性腫瘍の鑑別のための検査
・DPC対象病院に入院中の患者さんの検査
・同一月内にガリウムシンチグラフィが行われている場合

■ 疑い病名、腫瘍マーカー高値のみでは保険適用外となります。スクリーニング目的も保険適用外となります。

■ 病理診断による確定診断が得られなかった場合は、臨床上高い蓋然性をもって悪性と診断されれば、保険適用が可能です。


PET-CTの検査の流れ

検査の流れ

受付 予約時間20分前までに来院し、診療棟1F総合受付で受付を済ませ、PET総合検診棟2F PET/CTセンター受付へお越しください。
準備 検査前に問診/検査着へ着替えていただきます。(血糖値を測る場合があります)
注射
検査薬(18F-FDG)を注射します。
安静
検査まで“個室待機室”にて1時間安静に待機します。検査結果に影響するので出来る限り安静に休んでいただきます。お薬の排泄を促進するために この間に 水を飲んでいただきます。
検査
検査前に排尿をしてから、撮影室へ移動し検査を開始します。
※検査終了30分後にもう一度 撮影を行う場合があります。
安静
検査終了後 30分間“待機室”にて休んでいただきます。
検査終了 会計をしていただき終了となります。

※ 検査準備をしていただいてから会計まで約2.5から3時間程度となります。
※ 検査終了後の運動・食事の制限はありません。
※ 検査当日は、妊婦・乳幼児との接触はなるべく控えるようにしてください。
※ 授乳中の方は、検査後24時間授乳を中止してください。


被ばくについて

FDG-PET検査を行うには、撮影の前に放射性同位元素(18F)を投与します。
PET検査での被ばく線量は年間自然被ばく線量と同等か少し多いくらいになります。PET-CTではCT検査分を足したものが総被ばく線量となりますが人体に影響はないと考えられています。


検査をお受けになる患者様へ Q&A

詳しくはこちら [PDF]をご確認ください。


医療機関の皆様へ

当院では、他の医療機関からのご紹介による高度医療機器の共同利用を行っています。
詳しくはこちらをご確認ください。

お問い合わせ先:熊谷総合病院 地域医療連携室 直通
TEL 048-525-6779

このページの先頭へ戻る